ドイツで得たもの 〜佐藤絢香〜
高校課程2年生(乗馬選手・インストラクターコース)の佐藤絢香といいます。



私たち3人はリゲス厩舎さんに、2週間お世話になりました。


初めて見るドイツの風景、日本とは全く違うデザインの建物、雰囲気ある佇まいの厩舎。
たくさんの衝撃と感動がありました。




特に心に残っているのは。


厩舎の壁一面にびっしりと・・・。

競技会で獲得したたくさんの賞プレートが飾ってあったこと。


馬装や手入れをするときに馬を繋がずに行うこと。


そしてあまりにも広大な放牧場(敷地)。

地平線の向こうまであるのではないかと思うほどの敷地で放牧されている多くの馬、とても気持ち良さそうです。
ここの馬はストレスを感じることなどないのだろう、と思いました。





私たち3人は、ドイツに着いた次の日から騎乗の指導を受けました。

騎乗していて特に厳しくチェックされた点があります。
・ひじを脇につける
・脚をひいて乗る
・拳(こぶし)を立てる
・手綱を緩めすぎない


基本的なことばかりですが、それも出来ていなかったことに反省・・・。



私は今まで、脚を前に出して楽な姿勢をとって騎乗していたので、レッスン後はいつもクタクタでした。

けれど夜にビデオを観ながら反省会をしたとき。
とても見ていられないな、と思うほど自分の騎乗姿勢がひどいことに気づきました。
それ以来、気をつけて騎乗するようにしたら、少しずつ脚の位置や拳(こぶし)を注意される回数が減ってきました。
そうなると楽しくなり、次の日には「もっと減るように頑張ろう!!」と思って乗るようになりました。








研修旅行では、観光や競技会観戦なども楽しみました。


ケルン大聖堂のステンドグラスやたくさんの蝋燭が幻想的でした。


ドイツは食事も美味しくて。でもハンバーガーやドリンクの大きさにびっくり。

すごいボリュームです。


競技会は、1週目に屋内の障害飛越競技、2週目はリゲス先生&モニカ先生の娘さんが出場したものを観ました。
いずれも落馬をしてしまったり失権する人が少なかったのが印象的です。
観ているときもずっと、「すごい!」としか言葉を発していなかった気がします。
いつか私も、見ている人に「すごい」と思ってもらえる騎乗ができるようになりたいです。


今回の研修で感じたことがあります。

これまでの私は、自分で出来ないと思うと、すぐに諦めていました。
でもそれは「出来ないと思うから出来ない」のであって、「出来ると信じれば出来る」。
教わったことを次のレッスンに活かさないと、上達するわけが無いし、そこから一歩も進まない。
深く深く、心に刻み込まれました。


最後に・・・。



ドイツ語も英語も通じない私たちに、優しくジェスチャーなどで話しかけて下さったリゲス厩舎の皆さん。
通訳や案内などでずっと私たちを支えて下さった、さやか先生。
私の担当馬を見てくれた学校の皆さん。
研修旅行に参加させてくれた家族。

本当にありがとうございました。

この感謝の気持ちを忘れずに、学校に戻っても頑張ります。




| 生徒ブログ | 13:03 | comments(4) | -
リゲス厩舎でのドイツ研修〜山崎和〜


こんにちは、山崎和(かず)です!!

国際馬事学校高校課程 乗馬選手インストラクターコース2年生です。




11月2日から15日(日本は16日)まで、ドイツのミュンスターMünster都市近郊にある、リゲス厩舎へ研修に行きました。


→→ リゲス厩舎ホームページはこちら ←←


ここはフリッツ・リゲスという、乗馬界の歴史に残る人の厩舎です。
彼は、1972年のミュンヘンオリンピック馬術障害飛越団体(当時は西ドイツとして参加)において、金メダルを獲得しました。
数多くの国際大会に出場し、多数の入賞経験をもつ人なのです。


入り口にはハロウィンの飾りがありました。


敷地内には多くの犬や猫がいて、出迎えてくれます。



Fritz Ligges  (29July1938―21May1996)
・1964年東京オリンピック馬場馬術競技個人 銅メダル
・1964年東京オリンピック馬場馬術競技団体 銅メダル
・1972年ミュンヘンオリンピック馬術障害飛越競技 個人 銅メダル
・1972年ミュンヘンオリンピック馬術障害飛越競技 団体 金メダル




僕が今回のドイツ研修で教わったのは、フリッツの息子であるカイ・リゲス先生です。

カイ先生も多くの国際大会出場経験をもちます。
普段は、そんな実績のある乗馬選手に教わる機会が無いので、とても貴重な経験でした。
国際馬事学校とは違うドイツの厩舎のやり方など、教わること全てが新鮮でした。




僕の騎乗について。


外国へ行っても日本と同じように、拳(こぶし)や肘のクセを指摘されてしまいました・・・。
また手綱の使い方なども、学校で学ぶのとは別の角度からアドバイスされ、とても勉強になりました。






休みの日はお出掛けです。


初めて見るドイツの町並み。


電車やバスでの移動もとてもスムーズでした。帰国子女のさやか先生がいるので安心です。


頻繁に行われている競技会に出かけ、多くの選手たちの騎乗を見たり。


ケルン大聖堂は、その荘厳な雰囲気に圧倒されました。


ステンドグラスが綺麗で見とれます。


日本の歴史ある建物も好きだけど、こういう華やかなのも良いなぁと思います。


思わず懺悔したりして・・・。






日本よりずっと寒いドイツでの、長いようで短かった2週間の生活。




厳しい時はとことん厳しいレッスンに少しくじけそうになったけれど、本当に行って良かったと思います。
カイ先生に教わったことを活かして、国際馬事学校に帰っても頑張ります。


それではまたお会いしましょう。山崎和でした。




| 生徒ブログ | 13:20 | comments(2) | -
ドイツ研修を終えて。〜南里奈〜
こんにちは。
高校課程2年生、乗馬選手・インストラクターコースの南里奈です。





11月2日〜16日の2週間のドイツ研修に、同じ歳の3人で参加しました(1番左が私です)。
毎日馬に乗るだけじゃなく、各地での競技会を観たり、市内観光に出かけたり、とても楽しい研修旅行でした。

私は今まで海外に行ったことが無いので、はじめは楽しみで、それと不安な気持ちも半分ありました。
でも、いざドイツに行き生活してみると、周りは優しい人ばかり。
ドイツ語や英語がわからない私たちにも、簡単な単語やジェスチャーを使い話しかけてくれて、すぐに不安なんて消えてしまいました。




1週目の日曜日は、屋内での障害飛越競技を観に行きました。


壁のアレンジも障害のデザインも素敵です。屋内なのにグリーンが多く、すごくオシャレでした。

そこは狭い範囲に障害がたくさんあって、騎乗していても急な回転を強いられることが多いです。
それなのに乗っている人はみんな、障害を越えたあとに馬に走られることもなく、正確に飛越していたのが凄いと思いました。

(注:障害飛越の際、勢いづいてしまい馬が走る=スピードを出してしまうことがあります。
なので騎乗している騎手は、馬を上手くコントロールしてあげなければなりません。)


ドイツでは競技会がとても盛んで、毎週どこかしらで行われています。
日本とは違い、乗馬は身近なスポーツなんですね。




2週目の日曜日も競技会を観ました。



ここには研修先のリゲス先生やモニカ先生、それぞれの娘さんたちが出場しています。

この競技会はタイムよりも、障害の飛越姿勢やペースを見る採点式。
出場しているのはほとんどが、私より年下の小学生や中学生ですが、みんな私よりもずっと上手でした。
踏み切りが間に合わなくてもすぐに立て直して次の障害に向かっていたし、高い障害でもためらうことなく飛越していました。

私も頑張ってあんなふうに乗れるようになりたいです。





観光では、ドイツのケルン市にあるケルン大聖堂に行きました。



ケルン大聖堂はとにかく大きくて、写真に入りきらないほどです。
この教会を建て始めたのは何百年も前で、重機も道具も限られている時代。
それなのに、どうやってこんなに大きなものが建てられたのか、とても不思議でした。
 

中に入るとたくさんのステンドグラスが迎えてくれます。


すごく綺麗でした〜♪凝った細かい装飾に、ヨーロッパの歴史を感じます。


一緒に行った佐藤ちゃんと。ドイツでは食べ物も美味しくて2人で食べまくり、少し太ってしまいました・・・。






さて1番の目的である、リゲス厩舎での乗馬研修です。






騎乗では、騎手の姿勢を主に練習しました。
私は肩が前にいって脇が開いて、脚が前のほうへいってしまうので、それを直すように気をつけて乗りました。

あと、自分が苦手なタイプの馬に乗ると、自分の悪いところが全部出てしまいます。
だからこそ逆に、練習のためには、苦手な馬に進んで乗るようにした方が良いと言われました。


もっと落ち着いて馬に乗ることが出来るように。
1つの指示が馬に伝わらなかったらすぐに、違う指示を試すように。
いろいろなことを「考えながら騎乗する」ことが出来るように、これから心がけたいと思います。




ドイツ研修では今まで知らなかったこと、気づかなかったものを学ぶことが出来ました。
学校に戻っても、この経験で得たことを忘れずに毎日を過ごしたいと思います。



リゲス厩舎の皆さん、引率のさやか先生、今回の研修に参加させてくれた両親、学校で私の担当馬の世話をしてくれた皆。
全ての人に、感謝します。ありがとうございました。





| 生徒ブログ | 16:32 | comments(1) | -
こんにちは!
国際馬事学校高校課程2年生 厩務員養成コースの鳥山宏行といいます鳥
昨年、群馬県からこの茨城にやって来て、もう1年以上がたちました。

向かって右が僕、左は同じ2年生のSくんです。Sくんは東京出身です。
この学校の生徒は、全国から集まってきているので、話していると初めて知ることも多くて面白いです。
夕食後には、寮の部屋にいつもみんなで集まってゲームをしたり、音楽を聞いたりと、消灯まで楽しく過ごしています。


今日は、特別講師の大阪先生の騎乗レッスンがありました。
こぶしや脚の使い方を丁寧に教えてくださり、毎回ためになります。

自分が乗っていないときでも、馬からは目を離しません。
他の生徒の騎乗を見ることもまた、勉強になるんです。
大阪先生の言葉を聞き逃さないよう、意識を集中させていますグー


今日は馬のハミ受けを重点的に練習しました。ハミ受けは、乗り手の意思を正しく伝える、とても大切なものです。
コントロールができるようになるには、まず、この馬とのコミュニケーションを一番に考えなければなりません。
今はまだまだ力不足ですが、少しずつでも上手くなっていければと思っています。


エルニドです馬レッスン後は、その日騎乗した馬の手入れをします。



学校では、日々の学科やレッスン以外にも、たくさんのイベントがあります。
美浦トレセンや競馬学校、牧場の見学では競馬の現場の空気に触れられるし、仕事の内容を詳しく知ることができます。
それに校内競技会、運動会、ソフトボールにボウリングなどなど、体を動かすことも多くて楽しいです。
最近では、先週の土曜日に筑波山遠足がありました。





今週の月曜日は、初めて船橋競馬場に行ってきました!

千葉サラブレッドセール(サラブレッド1歳、2歳)のお手伝いです。
これは千葉県両総馬匹農業協同組合が主催し、船橋競馬場で行われる馬のセリ市のこと。

船橋のサラブレッドセールを見るのは、初めてです。
とても活気があって、また行きたいと思うような場所でした。

今年は社台(日本で最大の競走馬生産牧場グループ)の馬が多いとの話。
それで例年以上に盛り上がるという噂は聞いていました。
でも自分の予想を、はるかに上回るほどの人で賑わっていました。

会場で頂いたかつサンド、すごく美味しかったですグッド


セリでは一番安くて200万円くらいのスタート。

なんだか凄い世界というか、まるで遠い世界の話のようです。
4000万円以上もの最高価格がついた時は、会場全体がとても盛り上がっていたのを覚えています。


セリの時間は、みんなでずっと見学していました。

それまでは厩舎にいる馬の呼び出し、放馬止め・・・いろいろな仕事を手伝いました。
馬場で放馬止めをしている間は、間近で競走馬の調教を見ることができて、その迫力に感動。
普段の生活では滅多に感じることができないセリの雰囲気を味わえたことは、自分にとって貴重な経験でした。



とりあえず、今の一番の目標は、障害飛越試験に合格すること。そのため毎日のレッスンでは、とても力が入ります。
前回の試験では、自分が納得できるような騎乗ができなかったので、今度こそは上手くできるよう頑張ります!

この学校で、こうして毎日いろいろな体験をし、自分の視野や世界が広がっていくのは楽しくて仕方ありません。
まだ高校課程を卒業するまでは時間があるので、もっともっと多くのことを学びたいと思っています。

これからも、よろしくお願いします!!


| 生徒ブログ | 19:28 | comments(2) | -
「光」輝く未来に向けて。
こんにちは。

地方競馬教養センター騎手課程、90期生として入学する渡邊 光です。
僕も鴨に続き今日、国際馬事学校を旅立ちます。



国際馬事学校では毎日が充実していて、いろいろな経験をさせて頂き本当に自分の為になることづくしでした。


この一年を振り返ると、昨年の4月に入学した最初の頃は期待や不安でいっぱいでした。
そのうち慣れてきたこともあり、部屋でTくんと二人で夜中までテレビを見ていて、次の日は眠気と戦っていたこともありました。


8月にはJRA競馬学校の試験に向けて休む暇なく毎日トレーニングと騎乗訓練に明け暮れていました。


9月には北海道の生産牧場で1ヶ月間、研修生としてお世話になりました。
そこでは、社会に出たら16歳であろうと何歳であろうと「一人の人として扱われる」ということを教わりました。





そして2010年1月、地方競馬教養センターの試験に何とか合格し、伴や鴨とともに2月27日に卒業することができました。




3月12日、最終日のレッスンでは、大西先生が最後のアドバイスを下さいました。


大西先生と初めてお会いしたのは中学1年生の終わり。その頃から僕の騎手受験を全面的にサポートして下さり、大変お世話になりました。


そして、これは「もう使わないから。」と大西先生に初めて頂いたブーツです。
今は穴が開いて使えませんが、自分の部屋に大事に飾ってあります。





大西先生を初めとする先生方。
いつも騎乗技術の向上のために熱のこもった、内容の濃いレッスンをして下さり、ありがとうございました。

学校のスタッフの皆様、食堂のチーフにお姉さん方。
快適な環境や美味しい食事など寮生活を送る上でとてもお世話になり、本当にありがとうございました。



4月から地方競馬教養センターでの生活が始まりますが、これからも大西先生を目標に頑張ります!


一年間ありがとうございました。


渡邊 光





| 生徒ブログ | 18:27 | comments(4) | -
鴨宮祥行、旅立ちます。
皆さん、こんにちはおてんき

今年4月に、地方競馬教養センター騎手課程に入学する、大阪府出身・鴨宮祥行(かもみや・よしき)です。

卒業式を1週間前に終え、入学準備のこともあり大阪の自宅へ戻るため、今日、この国際馬事学校を発つことになりました。


この国際馬事学校に入学してから1年が経ちますが、ホンマあっという間に過ぎたような。
何となく、今まで生きてきた15年間よりも、この1年間の方がいろいろなことがあったせいか、すごく濃い時間だった気がします。


4月に入学して、初めて経験する厩舎作業や、親元を離れて知らない人との寮生活など。
初めの頃は「キッツイわぁ〜汗」とばかり考えていました。

でも1日1日と生活に慣れて、仲間と群れるようになってくると、だんだんこの生活が楽しく思えてきました。
この頃は洗濯や掃除も、新鮮で面白くやっていたのですが…。
6月あたりには、もう面倒くさくなってしまって、親のありがたみがとてもよくわかりました。




7月に入るとJRA競馬学校入学試験に向けて、体力トレーニングも始まりました。
学科や乗馬レッスンもどんどん本格的で濃い内容になってきて、休みを返上して頑張りました。

あの頃はホンマ、自分でもよくやったなぁと思いますグッドこの経験を、これからも活かしていきます。



11月には、ツラい夏をともに乗り越えた伴が、JRA競馬学校に合格!!
まるで自分のことのように嬉しくて、伴と喜び合いました。

そして僕も、年が明けた1月に地方競馬教養センターの騎手課程入学試験を受け無事合格して、伴と一緒に卒業できました。

これからは別々の生活だけど、目指すところは同じ。お互い頑張ってジョッキーになって、いつか、同じ舞台で戦おうな〜グー


ホンマ、この学校に入っていろんな思い出ができました。
楽しい仲間がいっぱいいるし、大西先生のレースの話も面白かったです。

大西先生とは、2人でよくふざけあっていました。

大西先生は真顔で嘘をつくので最初のうちは困ったけど、そのうち嘘だとわかるようになりました。
一見とっつきにくそうに見えますが、話すと面白い人です。
騎手になりたいと本気で思うなら、ダービージョッキーの大西先生のアドバイスはすごく役立ちます。
このような経験は、この学校でしかできません。


また、他の先生方もとてもフレンドリーなので、いつも良い雰囲気の中でレッスンが受けられます。



大西先生や池田先生など、先生方みんな、上達させようと一生懸命レッスンしてくださって、ありがとうございました。
社会に出ても立派にやっていけるよう時には厳しく、時には(ジュースをおごってくれたりして)優しく接してくださいました。
食堂のチーフ、お姉さん方、健康を気遣いながら毎日の食事を作ってくださって、ありがとうございました。
学校関係者様をはじめとするスタッフの皆さんも、良い環境を作るために活動していただき、ありがとうございました。

この1年間をひと言で表すと、「感謝」の2文字につきます。



最後になりますが、この「感謝」をいつでも心に置き、この先の大きな目標に向かって、突っ走っていきたいと思います。

なにわのジョッキー・鴨宮祥行、これからも頑張ります!



1年間応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!










| 生徒ブログ | 17:58 | comments(3) | -
今日のブログ(*^-^)/
今回のブログを書く、西島加奈と、澤田みずきです女





まずはウサギのジュンちゃんですラブラブ
ウサギのジュンちゃんです〜(^^)







かわいいでしょ?
私たち2人で世話してるんですよーマル秘
ジュンちゃんは、かなり人懐っこいうさちゃんなんですょ☆ミ
7月になったら、またウサギ(メス)が来るらしいですラブ







そしてこれが、今回ブログを書いてる、私、澤田と、担当馬のエルニドですよつばのクローバー
エルニドと、Sさん






そしてこちらが、西島と、担当馬のレミネスです!!
西島andレミネス










あと、騎乗後に書いてる、騎乗ノートです!!
西島のノートですひらめき
騎乗ノート



今日はこれから、食堂でご飯^^今日は何かな〜(♪^-^♪)ルンルン♪







西島加奈と澤田みずきでした(^-^)/~~~see you!!






































| 生徒ブログ | 18:12 | comments(4) | trackbacks(0)
梅雨入りカモ・・・?
このところパッとしない天気が続いています雨
おかげで馬も人も運動不足です汗汗

どうも!!
今回のブログを担当します

細井と光ですチョキ

まずは、馬場はグチャグチャですが何とかやる事ができた今日のレッスン

馬も泥んこになりながらもガンバってくれました拍手

レッスン後の様子ですニコニコ

みんな良い笑顔ですねグッド
空は曇っていても心は晴れ模様晴れ?イヒヒ

ラストに

全員集合!?
とはいきませんがTKD先輩の声で集まったメンバーでの一枚カメラ
梅雨で馬に乗れないことも多くなってきましたがそれでもみんな楽しくやっていますupup

このひと月、ジメジメして嫌になりますがそれを乗り切れば楽しい夏がやってきますおてんき
皆さん頑張りましょうラブ

| 生徒ブログ | 20:02 | comments(3) | trackbacks(0)
伴啓太のブログ
静岡県から来ました、伴啓太です。中学一年の時にテレビで見た競馬に心を奪われ騎手になりたいと思い、この学校に来ました。将来は騎手になってG1をたくさん勝ちたいです。今日は、寮の部屋と騎乗した馬と友達を紹介したいと思います。
まず僕の部屋です。

マンガしか置いて無いのでスッキリした部屋になってます。
次は騎乗馬です。


スターシーという馬で、乗りやすい馬ですが、手入れの時のブラシをすごく嫌がって噛み付いたりキックしたりするので気をつけて手入れしないといけないです。
最後に寮の友人を紹介します。

いつも寮ではこの三人で遊んでいます。右がK君、真ん中がT君です。みんな騎手を目指して毎日がんばってます。
短かったですけどこれで終わります。最後まで見てくれてありがとうございましたー!!
| 生徒ブログ | 17:40 | comments(4) | trackbacks(0)
毎日楽しいです
どうも厩務員志望の長峯です。
高1の時に初めて競馬を見てから競馬の世界に憧れ、厩務員になるために島根県から馬事学校に来て頑張ってます。

今日は僕の部屋や担当馬、寮の隣人達を紹介しまーす。

僕の部屋でーす。
結構キレイでしょ??
みんなで遊ぶとすぐ汚くなるんですけどね。

次は隣人のY君とT君です。
T君(左)はいつも色々な人の部屋に出没し騒いでいます。
今日はY君が犠牲者かな??

左から生産牧場志望のS君と、厩務員志望のM君、それと僕です。
早くモンキーレッスン受けられるように頑張ります。

次は僕の担当馬のレナシーです。
今少し足を痛めてるため冷やしてる最中です。早く元気になってね。


今日馬事学校の新しい仲間になりました、ラマのリースちゃんです。他にもヤギとポニーも来ましたよ。
前よりもっと賑やかになりそうです。

今日の担当は長峯卓哉でしたー。それでは、また。



 
| 生徒ブログ | 18:11 | comments(3) | trackbacks(0)
千葉サラブレットセールにて
どうも生徒番号21番の飯島です。

インストラクターを目指しています。
高校を卒業して、ここに入学しました。
高校2年くらいから乗馬クラブに通い、ちょっとアルバイトしたりもしました。


先日、船橋競馬場で行われた千葉サラブレットセールのお手伝いをして来ました。その様子を紹介していきます。
朝、5時30分に学校を出発し7時ぐらいに競馬場に到着しました。

作業内容の説明を聞くSY君、TKD君、SS君



9時頃から公開調教が始まり放馬してもすぐに捕まえに行けるように待機しているTKD君、とても勇ましい姿です。


公開調教が終わり展示になります。写真は一歳馬の展示の様子です。


1歳馬の展示をお手伝いをしているSS君、こちらも勇ましい姿をしていてとてもかっこいいです。


こちらは2歳牝馬の展示の様子です。
たくさんの人が展示を見に来てました。


展示が終わりいよいよセリの始まりです。たくさんの人がセリに参加していました。一番高く売れた馬は3050万円でした。
今回、お手伝いをしてきて間近でセリの様子を見られたのでとてもいい経験になりました。皆さんも機会がありましたらぜひ一度見学しに行って見てください。

| 生徒ブログ | 17:36 | comments(5) | trackbacks(0)
組体操
こんにちは大阪からはるばるやってきました鴨宮でーす☆父さん・母さん・妹・じぃちゃん・ばぁちゃん見てますかー毎日楽しくやってまーす
今日乗ったのはハイマーという馬です

手入れのときはおとなしいのですが昨年秋まで現役で走ってたのでテンションが上がるとラチめがけてすっ飛んで行っちゃいます。
今日はB君がやられましたでもすごくいい子です。
僕の部屋でーす

結構きれいにしてまーす。
先輩方の熱い協力のもとできあがったのがこの一枚

何度も撮り直しました。先輩方ありがとうございました。
このようにみんなフレンドリーな感じなのです。
ではみなさんまたお会いしましょう。




                   かもみや よしきでした。

| 生徒ブログ | 17:11 | comments(3) | trackbacks(0)
厩務員目指してます
こんにちわ
佐藤といいます。

自分と一緒に写っているのが一番のお気に入りの馬のカートップです。
目が澄んでいて性格は子供っぽいですが、素直な馬です。
次に紹介するのは

犬のサルサです。人なつこい犬でみんな可愛がられています。
次に紹介するのは

左はw君と右はs君です。
自分は学校でも数少ない20歳オーバーですが彼ら10代と学校生活を送っています。彼らはいつも明るいので20歳越えている自分でもいつも楽しく学校生活を送っています。
20歳を越えて馬業界に入ろうとしてる方は全然遅くないと思います。
自分と一緒に頑張って行きましょう。
| 生徒ブログ | 17:09 | comments(2) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE

馬業界の職業紹介